Join The Fun

JAPAN SNOW EXPO 2017 Preview 第4弾

June 30th, 2017 - Posted by Mikiya in Japanese Line News

2017年2月に開催されたSKI EXPO展示会の第4弾映像~。

最終編です。最終編は、レディースモデルとジュニアモデルです。

まずは、ピンクのグラフィックカラーが映えるパンドラ。こちらはメンズモデルのSICK DAYシリーズがベースとなっていて、SICK DAYよりもソフトな仕上がりになってます。特徴はノーズロッカーが強めで、パウダーでのTop浮きが非常に良いです。レディースモデルとして登場していますが、メンズが使用してもOK。取り回しのしやすさを求めている方、細かい林間を多く滑る方、筋力に自信のない方でも扱えるモデルになっています。

右隣の淡いカラーはSOULMATE。こちらは、メンズモデルのSUPERNATURALがベースとなっています。ハードバーンや、しっかり踏み込んでいける方にマッチしています。

そして、今季新登場のHONEY BEE(ハニービー)。グラフィックが、かわいいですね。ハニーバジャーのレディース版といえば分かりやすいでしょうか。オールラウンドカテゴリーで、レディースのパークモデルといえば、このHONEY BEEになります。来シーズン、パークでたくさんこの板を見れるかな~?ガールズの皆さん楽しみにしていますw

ラストはジュニアの3モデル。TomとBaconShortyはアダルト規格なので、大人用金具を取り付けできます。ジュニアモデルとして登場していますが、大人の使用も問題ありません。BaconShortyは、パウダー始めての方や、パウダースキー特有の長く太いスキーはちょっと抵抗がある、という方のパウダーエントリーモデルとしてもいいですね。

丹野個人的にはGIZMOのカラーが好きです。たくさんの子供達にGIZMOを使用してもらえたらうれしいですね~。

この時期は各地で展示会が行われていますので、ぜひ足を運んで実物を見てみてください。

JAPAN SNOW EXPO 2017 Preview 第3弾

June 29th, 2017 - Posted by Mikiya in Japanese Line News

2017年、2月に行われたSKI EXPO Previewの第3弾。

Men’s FREERIDEカテゴリー。

フルモデルチェンジしたSICK DAY。センター幅で4つのサイズがあります。114、104、94、88の4モデル。SICKDAYは、フリーライドエリアでの滑りやすさを重視して作られているモデル。特長はノーズロッカーが強めで、フレックス、トーション共に柔らかくはありませんが、かたくもありません。「程よい」といった言葉があてはまるでしょうか、踏み込んでしなってくれる印象がありました。114はパウダーライドが多い方、104と94はオールラウンダーな方、88はゲレンデ&整地がメインの方にオススメです。

変わって、SUPERNATURALはメタルシートが入っていて、俊敏な板に仕上がっています。踏み込んでからの反発力が印象的でした。かたいバーンでもキレキレのターンをする事ができます。また、春のバックカントリーエリアでよくある、雪が薄めのカリカリバーンでも対応できますし、真冬にパウダーをビューンと速く滑りたいスキーヤーにオススメ機種。パウダーに埋まっていく事がなく雪の表面的なところを滑っていけます。

Line skierのLeo Tailleferは、スーパーナチュラルで春山を高速でライディングしてます。こんなザクザク雪でも安定感バツグンです。

The Peyben Takes Over Windells Session One

June 28th, 2017 - Posted by willski in LINE Skis News, LINE Team News


 

Swerving With The Peyben and The Bunch in Oregon

Under sunny skies and skyrocketing temperatures, Windells Camp kicked off the summer of 2017 in style. With Par “The Peyben” Hagglund — alongside Magnus Graner and LSM — hosting the camp for their signature Takeover Sessions, The first week of Windells was marked by swervy good vibes.

 

Get stoked and Sign up for Camp! There are only a few spots left!

仙台にて開催中

June 23rd, 2017 - Posted by Mikiya in Japanese Line News

今週末は仙台会場でICIカスタムフェアが行われています。

23日、15時からスタートしています。

会場はこちら。

昨年と会場が変わっていて、サンフェスタ会場にもどっています。

仙台駅の裏側になります。

この時期に予約すると特典もあるので、こちらも要チェック。会場に東北のスキー場ブースも出てますので、来シーズンのチケットなどが当たるかもしれませんよ~。

自分は会場にはいないのですが、お近くの方は足を運んでみてください。

パドルクラブ名古屋さんへ

June 23rd, 2017 - Posted by Mikiya in Japanese Line News

先週はパドルクラブ名古屋さんの展示会に行ってきました~。

昨年より暑くなくて、ホッとしました。昨年は暑さと湿気で体調がおかしくなりそうでした。。。

写真は、モデルチェンジしたSICK DAY!!

DClRnpXUAAA6vJJ

滑走性重視に設計されていて、ノーズロッカーがやや強めなのが特徴です。

山全体を楽しみたい方にオススメの機種。よりハードバーンをしっかりふみこんで滑りたい方は、スーパーナチュラルがいいですよ~。

LINEスキーを見にきていただいた皆さん、大変ありがとうございました。

これからも各地で展示会が行われているので、ぜひチェックしてください。

週末は各地で展示会

June 15th, 2017 - Posted by Mikiya in Japanese Line News

今週末も各地で展示会です。

ICIのカスタムフェアは、長野県松本会場にて行われます。

わたし丹野は、パドルクラブ名古屋店で開催されるフリースキー系の早期特別予約会に行きます。山形からむかいますよ~。毎年、名古屋に行ってるので遠く感じなくなりました(笑)

ギアでお悩みの方はなんでも聞いてくださいね~。名古屋のみなさんにお会いできるのを楽しみにしています。

週末はパドルクラブ名古屋店でお待ちしています。

JAPAN SNOW EXPO 2017 Preview 第2弾

June 15th, 2017 - Posted by Mikiya in Japanese Line News

続いての映像は、「LINE SKI ALL MOUNTAIN FREESTYLE」カテゴリーです。

まずは、TOMプロモデル。フレックス、トーション共にかためでしっかりしています。パークライディングに最適で、大きいジャンプやパイプにも対応できる板になってます。板をしっかりとふみこんでいくという方にもおすすめです。

続いてブレンド。こちらはトップからテールまで大変柔らかいというのが、特徴的。バターやグラトリに最適。プレス系トリックがしやすいです。

クロニックは、かたくもなく柔らかくもない、ちょうど中間の板でオールラウンドに対応できます。ゲレンデ、パーク、整地、悪雪、どれをとっても滑れる板です。

ハニーバジャー、個人的にグラフィックがお気に入りですが、バンブーコアで軽量になってます。竹材特徴の張りと軽さが動きやすさを物語っています。

タイガースネイク、スイングウエイトが良く、細かい動きやジビングなどにむいています。これからパークライディングをしてみようと思っている方や、もっと機敏に動きたい方にお勧めです。

ぜひ、ご参考までにしてみてください。

JAPAN SNOW EXPO 2017 「EricPollard Collection」

June 14th, 2017 - Posted by Mikiya in Japanese Line News

全国各地で展示会シーズンがスタート。

2月に開催された、SKI EXPO のプレビュー。

Video by BATTUERE Hisanori Kato

エリックシリーズは、パウダーやバックカントリーでもフリースタイルな動きができる板

自分はモルデカイ&ベーコンを主に使用しています。

ベーコンはゲレンデライドやジャンプ&パークをメインに。モルデカイはバックカントリーシーンやパウダーで使用しています。こちらの2機種は形状がにていますが、より深い雪の時は、センターが1cm太いモルデカイを使っています。1cm違うだけで浮力感がまったく違います。

まだまだ月山スキー場が滑れるので、自分はもう少し雪の上を楽しもうと思います。

LINE Skis Ink

June 13th, 2017 - Posted by willski in LINE Skis News

Devoted LINE Fans Showcase Their LINE-Inspired Tattoos!


 

I Am A Skier. It’s the adage we’ve been preaching for over two decades. It’s a mission statement, a manifesto, an all-encompassing sentiment that has dictated our course of action as a brand. And in many ways, it speaks to our loyal customers. Whatever may pay the bills or occupy our more pressing responsibilities, we all still identify as skiers.

And to this day, many of the dedicated legions of LINE fans have taken that dedication a step further by getting tattoos of their favorite LINE Art. Check out the gallery below and learn more about how you could win a softgoods package.

 

SKI and DESTROY

The Ski and Destroy tagline was at the core of LINE’s product line stemming from the original LINE Afterbang. The skate-inspired ski represented the rebellious element within skiing. Some of our fans took quite a liking to it as well.

 

#skianddestroy #lineskis #skiing #tattoo

A post shared by Colin (@colinba2) on

tat ski-destroy-tat@colinba2

STEP UP

The LINE Step Up is an often forgotten part of LINE’s history. Stemming from the successes of the urban-focused Afterbang, we created a wider chassis for park skiing. You may remember LJ Strenio rocking these slightly oversized (at the time) park skis in Rage and Poor Boyz Films. While many people have forgotten about the Step Up, one super fan sure hasn’t; it’s tattooed on his forearm.

 

sjbulteel-stepup-tat

Eric Pollard Inspired

For years, Eric Pollard has played an influential roll in the development of modern skiing. From pioneering switch skiing in powder to the predominance of early rise, Eric’s impact on skiing is undeniable. But his art, emblazoned across the topsheets of the collection that bears his name, has undeniably resonated with many a skier. In fact, it is his art we see the most; intricate trees tattooed across arms, legs, and everything in between.

Could not be any more stoked, @jasontoothtattoo absolutely killed it on this one!

A post shared by Dan Villaire (@dvillaire) on

Mountains here, mountains there, mountains everywhere. #readytorumble #nsPOTD #lineskis #ericpollard #tattoo

A post shared by Janis Zulis (@beerpizzasauce) on

@artwsz from #Poland gets some nice #ericpollard art.

A post shared by Nimbus Independent (@nimbusindpndnt) on

brunnerg on insta

Sir Francis Bacon (2014/2015) Prismatic Tattoo

opus-tat

2011/2012 Opus Piece

#LINESkisInk

We want to see what you’ve got! Have you taken up the needle to commemorate your love of LINE? Show us your LINE-Inspired needlework on instagram by tagging @LINESkis and #LINESkisInk. We’ll award our favorite piece with a streetwear package!

Woodward at Copper X LINE Skis

June 12th, 2017 - Posted by willski in Event Coverage, LINE Skis News, LINE Team News

Will Wesson and Crew Take Over Session 1 of Woodward at Copper


 

 

While much of the country has hung up their skis for the summer, Will Wesson and a grip of LINE Skiers take to the perfectly manicured Woodward at Copper set up. Check out the recap video!

 

Subscribe to me on YouTube

Instagram

Email Sign Up

Keep up to date on the latest contests and events!

Latest Posts

Categories

Archives

CLICK A TAG & READ IT’S NEWS