19/20シーズンニューモデルとして登場する「VISION」

なんといっても最大の特長は軽さです。

ただ単に軽くしてしまうと、フレックスが柔らかくなったり、ねじれに弱くなったりと滑走性能が低下してしまう事が考えられるのが普通です。

試乗会などで実際に試された方はお分かりですね。

このVISONは、違います。

カテゴリーではフリーライドの分類に位置づけされており、ハードなバーンやジャンプにも耐えられる設計となっています。アラミド、カーボン、ファイバーグラスを用いて、滑走性能を落とさず、重量の軽減に成功しています。

写真のようにジャンプしてもOK。もちろん軽さという面で、ツアーリングにも向いていますね。バックカントリーエリアでも活躍する事は間違いないでしょう。

センター幅が、108mmと98mmの2機種の展開となっています。

LINE取り扱い店でぜひチェックしてみてください。