山形と宮城にまたがる蔵王山。

天気に大きく左右されるが、シーズン中にいつでもこれる場所ではない。特に厳冬期は天気の安定する日が少ないため、なかなかくる事が難しい。

春に近づいてくると天気の安定する日もでてきて、今シーズンもここで撮影する事ができた。

蔵王連峰の中央部にある、お釜にむかう斜面。

どこを滑っても火口に滑り下りる事ができるが、どこでも滑れるというわけではない。

シーズンによって雪のつきかたは様々、日によって雪も変わる。

雪の切れているところがあれば、雪面に落石の石コロがたくさんあって、かなり気を付けて滑らなければならなかったこの日。

今シーズンもお釜でターンを刻む事ができた。

これから何かの媒体で写真が掲載される事を願っています。

ぜひ、お楽しみに。